IT機器で、ディスプレイがあるものは、照明によって環境が変わります。あるスマホは自動調光してくれます。

スマホは私にとって一番の必需品

IT機器でよく利用するスマホは照明の種類に対応

IT機器を利用することが多い環境としては室内になるでしょう。特にオフィスことが多いかもしれません。仕事でパソコンを利用したりすることになります。オフィスにおいては、仕事がしやすい環境が作られています。照明などにも工夫がされていて、明るすぎず、暗すぎないような設定がされています。どうしても暗い場合などは、自分で照明を別途用意することもあります。ディスプレイの状況によっては、反射したりして見えにくくなることがあります。

利用する場所が同じであれば、一度セッティングが決まればそれ以降は同じ環境で利用すればよいです。しかし場所がいろいろ変化することがあります。スマホにおいては、会社内で使うこともあれば、屋外でも利用します。屋外も、太陽が降り注ぐ状態で利用することもあれば、電車の車内のこともあります。照明の種類がそれぞれ異なります。特に太陽の光は、出れば激しく、曇れば見にくくなります。夜になるとさらに環境が変わってきます。

ある機器においては、そういう照明の変化に応じて、自動的に調光してくれる仕組みがあります。明るいときには、画面の明るさが抑えられますし、暗いときには、しっかりと照らしてくれます。太陽の光と蛍光灯の光を別に認識してくれますから、それぞれに応じた明るさになってくれます。そのたびに自分で合わせるとなると、最適な状態にするのが難しいですし、元に戻すことが出来ないことがあります。自動であれば、その心配もないです。