IT機器で、スマホに入力するとき、タッチパネルで行いますが、日本語などを話して入力できるものがあります。

スマホは私にとって一番の必需品

IT機器のスマホにおいて音声でメールの作成

パソコンで文字を入力するとき、両手を使って、キーボードで入力することになります。ブラインドタッチをすることができれば、ある程度のスピードで入力することが出来るでしょう。キーパンチャーなどであれば、話すスピード同じくらいのスピードで入力することも出来るのではないでしょうか。特殊な人であれば、高速の入力が可能ですが、一般の人であれば高速入力にも限界があります。入力スピードが上がらなくてイライラする人もいるようです。

キーボードを使えば両手で入力をすることができるのですが、スマホにおいては片手で入力するのが一般的です。そうなると、両手で行っていたパソコンとは入力方法を変える必要があります。携帯電話であれば、フルキーボードが付いているものがありますから、かろうじてブラインドタッチが出来るでしょうが、ボタンが小さいですから高速で行うのは難しいです。日本語入力を苦労して行うことになります。時間もそれなりにかかってきまっす。

IT機器において、新しい種類では、手で入力する以外の方法があります。それは音声を入力して、それを文字に変換するものです。キーボードはほとんど入力する必要がないので、効率もアップすることが出来るとされています。問題としては、正確な入力の率になります。誤認識もありますから、必ずしも誰もが入力効率が上がるものではありません。手での入力が苦手な人においては、こちらでサポートするようにしてみれば、入力が便利です。