IT機器でスマホにおいて、押した感覚があるタイプがあります。画面に触れたときに、手に感覚が生じます。

スマホは私にとって一番の必需品

IT機器におけるスマホでは押した感覚があるもの

エレベーターなどの行き先スイッチにおいて、きちんとボタンを押すことでランプが表示されるものがあります。押したときに、ボタン部分がへこんだりするので、押した感覚がわかります。さらにランプが付いて、きちんと押されたこともわかります。別のタイプもあります。それは触れればよいものです。金属部分などに手が触れただけで選択できるものです。こちらは感覚はなく、ランプが表示されて、行き先が指定されたことがわかることになります。

スマホにおいては、ほとんどのタイプが、画面に触れて操作をすることになります。携帯電話であれば、ボタンを押すことになるので、それぞれのキーが押されていることがわかります。でも触れているだけだと、わからないことがあります。色がきちんと変わるまでまたないといけません。ガラス状の画面にボタンが表示されることになるので、感触を感じることができないのはわかりますが、押したときの感覚があったほうが操作はしやすくなります。

あるIT機器においては、押したときの感覚が伝わるようになっています。スイッチのようにへこむことはありませんが、指が触れた部分に何らかの刺激が行くようになっています。それを指先が感じ取って、スイッチを押し込んだような感覚を得ることができるようになっています。電話番号などを早く押したいとき、確実に押されているか気になりますから、押し間違いも少なくなります。メールアドレスなどの長い入力もしやすくなります。