IT機器で、2画面タイプのスマホが登場するとのことです。より画面が広くなり、使いやすくなります。

スマホは私にとって一番の必需品

IT機器において2画面タイプのスマホ

携帯ゲーム機といいますと、今も何種類か出ています。今はカラーが主流ですが、かつてはモノクロのものが出ていました。基本的には画面は一つでしたが、あるとき2画面タイプのものが登場しました。上下に2つの画面があるものです。遊ぶときは、上下の画面がつながっているようにするときもあれば、下の画面で得た情報を使って、上の画面で操作することもありました。一つの画面よりも2倍楽しめる気がしたものです。実際楽しみは増えたものです。

ゲーム機で2画面あるのは今はとくにめずらしくありません。あるときパソコンにおいても2画面ついているものがありました。縦横に2画面あり、両方とも結果を表示させることもあれば、一方にキーボードを表示させるものもありました。2画面であれば、それだけいろいろな使い方ができることになるのでしょう。IT機器において、スマホにおいても新しい動きがでています。それは2画面タイプが登場したのです。より利用が広まりそうです。

携帯電話の画面では情報量が少なかったです。それが大きな画面により利用の幅が広げられました。小型パソコンとまで言われました。しかしあくまでも小型であって、パソコンほどの使い勝手は実現できていないところがありました。それが2画面表示により、よりパソコンに近づいたといえます。一方でウェブサイトを開いて、一方で予定表を開くなどが行えます。どのように利用するかは、利用者によって様々です。その他のメーカーも追随するかもしれません。