IT機器の中でも、今一番身近で便利なのはスマホです。デザインも色々あるし、機能も多彩です。

スマホは私にとって一番の必需品

もっとも身近で便利なIT機器は、スマホ!

携帯電話を子供からお年寄りまでが持つ時代になりました。最近は従来の携帯電話からスマホを持っている人が増えました。スマホは私たちにとって今最も便利で身近なIT機器といえるのではないでしょうか。スマート「賢い」フォン「電話」という単語がぴったりだと思います。私もスマホが売り出されたときは「スマホって何?」という感じでしたが、簡単に言えば「持ち歩けるパソコン」とでも言えるでしょうか。

では、どんなことかできるのか、どんなときに便利なのか私の実体験から紹介します。まずはアプリがダウンロードできます。アプリにもゲームから生活ツール、ソーシャルネットワークなど様々なものがあります。しかもそのアプリの大半が無料で利用できます。私は、アプリに家計簿をダウンロードしてつけています。さらにソーシャルネットワークもスマホで見られるようにしているので、いつでも友だちのページを閲覧したり、気軽に投稿できたりします。夕食のメニューに困ったときは、レシピサイトで人気のおかずを調べています。今まで手帳もつけていましたが、今はアプリで手帳をダウンロードしてそれに書き込んでいます。大事な用事はアラームで知らせてくれるので、助かっています。それから、パソコンと同じように、何でも検索することができます。私は子どもが生まれてから、色々と疑問に思ったことを検索窓に打って、解決することができました。わざわざパソコンを起動する必要がないので育児の片手間に検索できます。携帯電話も便利ですが、より便利なIT機器、スマホの時代になりましたね。

注目の情報